お役立ち情報

ホーム > 飲食店向け > 飲食店におけるセルフオーダーシステムのメリットとデメリットを比較
2024.02.09
飲食店向け

飲食店におけるセルフオーダーシステムのメリットとデメリットを比較

セルフオーダーシステムとは、飲食店やコンビニエンスストアなどの店舗で、顧客が自分のスマートフォンやタブレットを使って注文できるシステムです。

従来の注文方法では、顧客が店員に注文を伝え、店員が厨房に注文を伝達していました。しかし、セルフオーダーシステムを導入することで、顧客は自分の好きなタイミングで注文をすることができ、店員の接客業務を削減することができます。

 

セルフオーダーシステムのメリット

1.顧客満足度の向上

セルフオーダーシステムを利用することで、顧客は自分の好きなタイミングで注文をすることができます。また、注文ミスや注文ロスを減らすことで、顧客満足度の向上につながります。

具体的には、以下のようなメリットが挙げられます。

 

待ち時間の短縮

セルフオーダーシステムを利用することで、顧客は自分の好きなタイミングで注文することができます。また、注文がキッチンに直接伝わるため、待ち時間の短縮にもつながります。

 

注文ミスの防止

セルフオーダーシステムを利用することで、スタッフが聞き間違えや書き間違いなどのミスを起こす可能性が低くなります。

 

多言語対応が可能

多くのセルフオーダーシステムで複数の外国語に対応しているといるため、外国語での対応が得意な従業員がいない場合でも、外国人からの注文にも対応することができます。

2.業務効率化によるコスト削減

セルフオーダーシステムを利用することで、店舗スタッフの接客業務を削減することができます。これにより、人件費の削減や、スタッフの他の業務へのシフトが可能になります。

具体的には、以下のようなメリットが挙げられます。

 

人件費の削減

セルフオーダーシステムを導入することで、注文受付や会計などの接客業務を自動化することができます。これにより、人件費の削減につながります。

 

業務の効率化

セルフオーダーシステムを利用することで、注文の確認や間違いの修正などの業務を効率化することができます。

3.非接触による感染症対策

セルフオーダーシステムを利用することで、スタッフと顧客の接触を減らすことができます。これにより、感染症対策に貢献することができます。

具体的には、以下のようなメリットが挙げられます。

 

感染症の拡大防止

セルフオーダーシステムを利用することで、スタッフが注文票を渡したり、受け取ったりする必要がなくなり、接触機会を減らすことができます。これにより、感染症の拡大防止につながります。

 

セルフオーダーシステムのデメリット

1.初期費用やランニングコストの負担

セルフオーダーシステムを導入するには、タブレットやシステムの導入費用、メンテナンス費用などの負担があります。また、注文データの管理や、注文後の対応なども、店舗側で行う必要があります。

具体的には、以下のようなデメリットが挙げられます。

 

初期費用の負担

タブレットやシステムの導入費用、設置費用などがかかります。

 

ランニングコストの負担

システムの保守・メンテナンス費用や、注文データの管理費用などがかかります。

2.操作に慣れていない顧客への対応

セルフオーダーシステムの操作に慣れていない顧客がいる場合、注文を誤ったり、注文をキャンセルしたりする可能性があります。そのため、店舗側で操作方法の説明や、注文の確認などをしっかり行う必要があります。

具体的には、以下のようなデメリットが挙げられます。

 

操作方法の習得に時間がかかる

タブレットやスマートフォンの操作に慣れていない顧客は、操作方法を習得するのに時間がかかる可能性があります。

 

注文間違いやキャンセルのリスク

操作を誤って注文を間違えたり、キャンセルしたりする可能性があります。

3.来店客との交流の減少

セルフオーダーシステムを導入すると、従来店員が行っていた接客業務の一部が顧客自身で行うようになります。これにより、店員と顧客との直接的な交流の機会が減少する可能性があります。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

・注文の受け付け

・会計

・おすすめメニューの紹介

・顧客の声の聞き取り

店員と顧客との交流は、顧客満足度の向上につながる重要な要素の一つです。セルフオーダーシステムの導入により、これらの交流の機会が減少すると、顧客満足度の低下や、店舗の雰囲気の変化につながる可能性があります。

 

また、セルフオーダーシステムの導入により、顧客と店員のコミュニケーションの機会が減少すると、以下のようなデメリットも考えられます。

・顧客のニーズや要望を把握しづらくなる

・顧客の満足度を高める機会が減る

・顧客と店員の信頼関係が築きにくくなる

 

セルフオーダーシステムを導入する際には、これらのデメリットを踏まえて、対策を講じる必要があります。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

・店員が顧客の席に伺い、注文の確認やおすすめメニューの紹介を行う

・顧客の声を収集する仕組みを導入する

・店員の接客スキルを向上させるための研修を行う

 

セルフオーダーシステムは、顧客満足度の向上や業務効率化などのメリットがある一方で、来店客との交流の減少というデメリットもあります。

導入の際には、メリットとデメリットを十分に検討し、対策を講じることが大切です。

 

セルフオーダーシステムは、導入することでさまざまなメリットを得ることができます。しかし、導入にあたっては、初期費用やランニングコスト、操作方法の説明などのデメリットも考慮する必要があります。導入目的を明確にし、自店舗の状況を把握した上で、導入の可否を判断することが大切です。

また、デメリットを補うための対策を講じることも大切です。例えば、初期費用やランニングコストを抑えるために、月額制のシステムを利用する、操作方法を簡単にするために、動画や説明書を用意するなどの対策を検討することができます。

 

セルフオーダーシステムの導入が進んでいる背景

セルフオーダーシステムは、近年、飲食店だけでなく、コンビニやスーパーマーケットなど、さまざまな業種で導入が進んでいます。その背景には、以下の3つの要因が挙げられます。

1.顧客のニーズ変化

顧客は、自分の好きなタイミングで、自分の好きなように注文したいというニーズが高まっています。セルフオーダーシステムは、こうしたニーズを満たすことができるシステムとして注目されています。

具体的には、以下のようなニーズが挙げられます。

・自分のペースで注文したい

・待ち時間を減らしたい

・メニューをじっくり吟味したい

セルフオーダーシステムを利用することで、顧客は自分の好きなタイミングで、じっくりとメニューを確認しながら、自分のペースで注文することができます。また、注文がキッチンに直接伝わるため、待ち時間の短縮にもつながります。

 

2.人手不足の深刻化

飲食業界では、人手不足が深刻化しています。セルフオーダーシステムを導入することで、店舗スタッフの接客業務を削減し、人手不足の解消につなげることができます。

具体的には、以下のような業務を効率化することができます。

・注文受付

・会計

・注文間違いやキャンセルの対応

セルフオーダーシステムを利用することで、店舗スタッフは、顧客との直接の接客から、調理や店内清掃などの業務に集中することができます。

3.感染症対策の強化

新型コロナウイルス感染症の拡大をきっかけに、非接触による感染症対策の重要性が高まっています。セルフオーダーシステムは、スタッフと顧客の接触を減らすことができるため、感染症対策に貢献することができます。

セルフオーダーシステムを利用することで、顧客は、タッチパネルや自分のスマートフォンを使って注文することができます。これにより、スタッフが注文票を渡したり、受け取ったりする必要がなくなり、接触機会を減らすことができます。

これらの要因が重なり、セルフオーダーシステムは、近年、飲食店だけでなく、コンビニやスーパーマーケットなど、さまざまな業種で導入が進んでいます。今後も、セルフオーダーシステムの導入は、さらに拡大していくと考えられます。

 

セルフオーダーシステムは、顧客満足度の向上や業務効率化、感染症対策など、さまざまなメリットをもたらすシステムです。

導入を検討する際には、初期費用やランニングコスト、操作方法の説明などのデメリットも考慮して、導入の是非を判断することが大切です。

 

セルフオーダーシステムの導入を検討する際に、押さえておきたいポイント

1.導入目的を明確にする

セルフオーダーシステムを導入する目的は、顧客満足度の向上、業務効率化、感染症対策など、さまざまです。導入目的を明確にすることで、適切なシステムを選ぶことができます。

2.自店舗の状況を把握する

セルフオーダーシステムを導入するには、初期費用やランニングコスト、操作方法の説明などのコストがかかります。また、店舗のレイアウトや、顧客層なども考慮する必要があります。自店舗の状況を把握した上で、導入の可否を判断することが大切です。

3.複数のシステムを比較検討する

セルフオーダーシステムには、さまざまな種類があります。機能や価格、サポート体制などを比較検討して、自店舗に最適なシステムを選ぶことが大切です。

セルフオーダーシステムは、導入することでさまざまなメリットを得ることができます。

しかし、導入にあたっては、初期費用やランニングコスト、操作方法の説明などのデメリットも考慮する必要があります。導入目的を明確にし、自店舗の状況を把握した上で、導入の可否を判断することが大切です。

 

DealerShipだからできるITソリューション

店舗ごとの売れ筋商品も一目瞭然で、使い方もとってもシンプルです。

いつ、どの店で何が売れたかなどの情報をリアルタイムで管理することができます。

優れたカスタマイズ性と有線接続が可能で、不測のネット接続エラーや電波の届きにくい立地でも止まらない抜群の安定性を実現しました。

 

お問い合わせはこちらから

< 前の記事へ
< 前の記事へ
クラウドPOSレジのメリットを徹底解説!導入を検討しているなら必見!
2024.02.09
飲食店向け
飲食店におけるセルフオーダーシステムのメリットとデメリットを比較
詳細を見る
2024.01.12
お役立ち情報
クラウドPOSレジのメリットを徹底解説!導入を検討しているなら必見!
詳細を見る
2023.12.18
お役立ち情報
キャッシュレス決済とは?種類からメリット・デメリットまで徹底解説!
詳細を見る
2023.09.22
飲食店向け
オーダーエントリーシステムとは?種類や注意点など解説!
詳細を見る
2023.09.01
お役立ち情報
POSレジとは?売上アップや業務効率化を実現する秘訣を解説!
詳細を見る