お役立ち情報

ホーム > お役立ち情報 > キャッシュレス決済とは?種類からメリット・デメリットまで徹底解説!
2023.12.18
お役立ち情報

キャッシュレス決済とは?種類からメリット・デメリットまで徹底解説!

キャッシュレス決済とは、商品やサービスの支払いを現金を使わずに電子的な手段で支払う方法を指します。近年、クレジットカードやスマートフォンを利用したキャッシュレス決済が急速に普及し、さまざまな場面で利用されています。

キャッシュレス決済の現状と普及度

キャッシュレス決済の現状と普及度は、国や地域によって異なりますが、全般的に言えば急速に普及しています。

 

日本においては、政府や金融機関のキャッシュレス推進政策や、スマートフォン決済サービスの導入により、キャッシュレス決済の利用が増加しています。特にQRコード決済サービス(例: PayPayLINE Pay、メルペイなど)の普及が顕著で、多くの店舗で利用可能になっています。

 

日本のキャッシュレス決済の推移

クレジットカード

クレジットカードは、比較的早い段階から普及しており、日本国内外の多くの場所で利用可能です。特に都市部ではよく使われています。

 

デビットカード

デビットカードとは、カードでの支払いと同時に自身の銀行口座から引き落としされる仕組みのカードです。銀行口座から現金を引き出さずに支払いができる利便性や、口座残高以上にお金を使いすぎる心配がない安心感などから人気が出てきています。

 

電子マネー

SuicaICOCAEdyなどの電子マネーは、交通機関やコンビニエンスストア、一部の店舗でよく利用されています。

 

スマートフォン決済

Apple PayGoogle Payなどのスマートフォン決済も増加しています。これらのサービスは、スマートフォンを使って支払いを行うもので、日本でも利用が拡大しています。

 

QRコード決済

PayPayLINE Pay、メルペイなどのQRコード決済が急速に普及しています。これらのサービスは、スマートフォンアプリを使ってQRコードを読み取り、支払いを行うものです。

 

2021年までの情報に基づくと、日本のキャッシュレス決済比率は、他の先進国に比べるとまだ低いと言われていますが、着実に増加傾向にあります。政府や企業もキャッシュレス決済の普及を促進しており、将来的にはさらなる拡大が期待されています。

 

他の国々でも同様の傾向が見られます。中国ではモバイル決済が広く利用され、現金の使用が減少しています。欧州や北米でも、クレジットカードやデビットカード、電子マネーの利用が一般的であり、スマートフォン決済も増加傾向にあります。

 

また、新型コロナウイルスの流行を受けて、現金を使わないキャッシュレス決済が感染予防の観点からも推奨され、その影響でキャッシュレスの利用が一層拡大したと言えます。

 

ただし、依然として一部の地域や特定の産業では現金決済が主流である場合もあります。このため、各国や地域によってキャッシュレス決済の普及度は異なりますが、全体的には増加傾向にあります。

キャッシュレス決済のメリット

1.現金がなくても支払いができる: キャッシュレス決済を利用することで、現金を持ち歩かなくても商品やサービスの支払いが可能です。これにより、便利で安全な支払い手段が提供されます。

 

2.便利でスピーディ: 現金を用意する手間が省け、支払いが簡単でスムーズに行えます。特に繁忙期や混雑した場所での利用が効果的です。

 

3.安全性が高い: 現金を持ち歩くことに伴う盗難や紛失のリスクが軽減されます。また、キャッシュレス決済システムはセキュリティ対策がしっかりと施されており、不正利用のリスクが低くなっています。

 

4.取引履歴の管理が容易: 電子的な取引記録が残るため、支出の管理や確認が簡単です。紙のレシートを保管する手間が不要です。

 

5.ポイントや特典の活用: クレジットカードや電子マネーを利用すると、ポイントや特典が付与される場合があります。これらを活用することで、お得に利用できます。

 

6.感染予防: 特に新型コロナウイルスのような感染症の拡大防止の観点から、現金を使わないキャッシュレス決済が推奨されることがあります。

 

7.環境への配慮: 紙幣や硬貨の製造や流通には資源が必要であり、環境負荷がありますが、キャッシュレス決済はその点で環境に優しい方法です。

 

キャッシュレス決済のデメリット

1.利用できない場合がある: 一部の店舗や地域ではまだキャッシュレス決済が利用できない場合があります。特に地方や一部の小規模店舗では、現金が主要な支払い手段である場合があります.

 

2.技術的な問題: システム障害や通信障害など、技術的な問題によって決済が行えない場合があります。このような場合、支払いが滞る可能性があります。

 

3.プライバシーの懸念: 電子的な支払い手段を使用することで、個人の取引履歴が記録されるため、プライバシーの懸念が生じる場合があります。一部の人々は、これに対して抵抗感を持つ場合があります。

 

4.セキュリティの問題: オンライン取引や電子マネーの利用に伴い、セキュリティのリスクが存在します。不正アクセスや情報漏洩のリスクがあるため、十分なセキュリティ対策が必要です。

 

5.手数料: クレジットカード決済など一部のキャッシュレス手段には、手数料が発生することがあり、これが利用者や事業者にとって負担となる場合があります。

 

6.災害時の支払い

通信障害や停電の影響

キャッシュレス決済は基本的に電子データを用いるため、通信障害や停電の場合には支払いができなくなる可能性があります。

 

利用できる端末の制限

キャッシュレス決済にはスマートフォンやカードリーダーなどの特定の端末が必要です。災害時にはこれらの端末が使えない場合も考えられます。

 

現金の必要性

災害時には物品の購入やサービスの利用に現金が必要な場合があります。特に一部の地域や小規模店舗では、現金が唯一の支払い手段となる場合があります。

 

アクセス制限

災害が起きると一時的にエリアが封鎖されることがあり、その場合、ATMや支払い用の端末にアクセスできなくなる可能性があります。

 

信用カードシステムの障害

信用カード会社や決済ネットワークが災害の影響を受ける場合、カード決済ができなくなる可能性があります。

 

以上の点から、災害時にはキャッシュの重要性が再認識されます。現金を備えておくことは、緊急時に備える一つの方法です。ただし、それと同時にキャッシュレス決済の普及が進む中で、災害時にもキャッシュレス決済が利用できるようなシステムや対策が整備されることも期待されます。

 

代表的なキャッシュレス決済の種類

クレジットカード決済

クレジットカードを利用して商品やサービスを購入する方法。カードを読み取ることで支払いが完了し、後日請求が来る仕組みです。

 

デビットカード決済

デビットカードは、利用者の銀行口座から直接支払いが行われるカードです。クレジットカードとは異なり、利用者の口座残高以下の金額しか利用できません。

 

QRコード決済

スマートフォンのアプリを通じて、売り手のQRコードを読み取り支払いを行う方法。代表的なサービスにはPayPayLINE Payなどがあります。

 

電子マネー

電子マネーは、事前にある金額をチャージしておき、それを利用して支払いを行うプリペイド式の支払い手段です。交通機関やコンビニエンスストア、一部の店舗で利用されています。代表的な例にはSuicaICOCAEdyがあります。

 

クレジットカードタッチ決済

クレジットカードに搭載されたICチップを専用のリーダーにタッチすることで支払いが行える方法です。タッチ決済は迅速で便利であり、近年急速に普及しています。

 

まとめ

キャッシュレス決済は、現金を使わずに便利かつ安全に支払いを行う方法です。クレジットカード、デビットカード、QRコード決済、電子マネーなど、さまざまな種類があります。利用者にとっては便利な方法であり、ポイントや特典の活用もできるため、積極的に導入して活用することがおすすめです。

 

DealerShipだからできるITソリューション

店舗ごとの売れ筋商品も一目瞭然で、使い方もとってもシンプルです。

いつ、どの店で何が売れたかなどの情報をリアルタイムで管理することができます。

優れたカスタマイズ性と有線接続が可能で、不測のネット接続エラーや電波の届きにくい立地でも止まらない抜群の安定性を実現しました。

 

お問い合わせはこちらから

< 前の記事へ
< 前の記事へ
オーダーエントリーシステムとは?種類や注意点など解説!
次の記事へ >
クラウドPOSレジのメリットを徹底解説!導入を検討しているなら必見!
クラウドPOSレジのメリットを徹底解説!導入を検討しているなら必見!
2024.02.09
飲食店向け
飲食店におけるセルフオーダーシステムのメリットとデメリットを比較
詳細を見る
2024.01.12
お役立ち情報
クラウドPOSレジのメリットを徹底解説!導入を検討しているなら必見!
詳細を見る
2023.12.18
お役立ち情報
キャッシュレス決済とは?種類からメリット・デメリットまで徹底解説!
詳細を見る
2023.09.22
飲食店向け
オーダーエントリーシステムとは?種類や注意点など解説!
詳細を見る
2023.09.01
お役立ち情報
POSレジとは?売上アップや業務効率化を実現する秘訣を解説!
詳細を見る